2018年、地球での元旦の満月は、スーパームーンです。タイムゾーンの関係で、日本では1月2日に満月を迎えます。

スーパームーンとは、月が地球に最も接近して来た時に満月(または新月)を迎え、いつもより大きく光輝いて見える状態のことを言います。潮の満ち引きが月の満ち欠けのよるものであったり、お産が満月に多いことはみなさんもご存知のように、月は、私たちの暮らしと密接な関わりがあります。この自然界のものにはバイオリズムがあり、それぞれ一定のリズムで変化しています。月の満ち欠けにも新月から満月へ、満月から新月へと周期があります。満月には、興奮しやすくなるため気が高ぶったりイライラしてしまうこともありますが、情熱が高まり、物事が完成へと向かう作用が強くなります。満月から新月にかけては、浄化の力が働き、解毒作用が強くなるため、ダイエットやネガティブな思いを手放すのにいい時期になります。物事を満たしたい時や増やしたい時、完成させたい時は、月が満ちていく新月から満月の期間に行い、逆に減らしたい時、解放したい時は、月が欠けていく満月から新月の期間に行うと効果的です。このように、私たちの体には、月のリズムが内在し、月の満ち欠けの状態が、生命に影響を与えているのです。月のリズムが分かると、自分のなかの月の動きを感じられるようになり、心と体の調子に違和感を感じても対応できるようになります。

2018年1月2日のスーパームーンは、通常の満月の日よりも強いバワーが働きます。今回のスーパームーンに向けて、霊界から「安心できる環境に身を置くことで愛が深まる」というメッセージが送られてきています。心から気を許せる人との時間が心の安らぎをもたらし、一年の展望を見通す心の目を開かせてくれます。一番身近な自分との関係を育む時間を持つのもおすすめです。夜寝る前に、満月のエネルギーで月光浴している自分をイメージしましょう。心と体を解放するセルフセラピーの時間が、魂のバランスとリズムを整えてくれます。内なる神への祈りの習慣を大切にしましょう。祈りが、何が起きても揺るがない強さと愛を広げ、幸運気の流れに乗せてくれるのです。

2018年、月がすべての生命を照らし、魂とともに光輝きますように、心より祈っています。